成人式(二十歳の集い)

1月7日(土)、正月の晴天に恵まれ、令和4年度の成人式(二十歳の集い)が無事行われました。今年は、川中島地区の成人対象者が313人で今回の出席者は205人(男性110名。女性95名)でした。例年、7割の出席率ですがコロナ禍の影響も有り若干下回っての開催でした。恒例のオープニングセレモニーでは地元パーカッショニストの北沢マロ率いるリズムオーケストラ&成人学校のメンバーによるジャンベ演奏、主催者、来賓、恩師のあいさつの後、”二十歳の誓い”では新成人代表の鈴木涼馬さんが中学校時代座右の銘としていた「出逢いは奇跡」の言葉の意味を伝え、一人ひとりがかけがえのない奇跡の結晶であることをメッセージに添えていただきました。「感謝の心をもって生きる」決意が伝わってきました。コロナ禍対応として参加者を制限し、式典もコンパクトにしました。加えて、交流タイムを取り入れ恩師や仲間と5年間の思い出を存分に語る時間が持てたことも良かったです。それにしても、着物は華やかで美しいですね。日本の文化です。

前の記事

2023年 スタート